【エンチャント】エンチャントを付与したアイテムを取得するコマンド -giveコマンド-

エンチャントを付与したアイテムを取得するコマンドには、「give」とデータタグ「ench」を使用します。
「ench」は、Enchant(エンチャント)から先頭4文字を抜き取ったものだと思われます。
このコマンドは、入力する情報量と文字数が多いです。

今回は、エンチャントを付与したアイテムを取得するコマンドを紹介します。
バージョンは1.12.2をベースに説明します。古いバージョンや1.13はコマンドが異なります。

エンチャントを付与したアイテムを取得するコマンド

giveコマンド基本

はじめに、アイテムを取得するコマンドについて説明します。
アイテムを取得するコマンドは、「give」です。

<giveコマンドの基本>

/give <プレイヤー> <アイテム> [個数] [データ] [データタグ]

※<>は必須。[]は任意です。

自分にダイヤの剣を付与させるコマンドは、<プレイヤー>に自分の名前、または、@pを指定します。そして、<アイテム>にダイヤモンドの剣を意味する「minecraft:diamond_sword」を指定します。

<ダイヤモンドの剣を取得するコマンド>

/give @p minecraft:diamond_sword

武器/防具/道具の場合の個数とデータについて説明します。

[個数]と[データ]タグは、任意です。
個数を指定する場合は、「1」としてください。
武器/防具/道具は、1つずつしか取得できません。
データを指定する場合は、個数「1」を指定した後に、データを数値で指定してください。
データを指定すると、耐久値が減った武器/防具/道具となります。

<個数とデータを指定したコマンド>

/give @p minecraft:diamond_sword 1 100

giveコマンドでエンチャント効果を付与

エンチャント効果を付与する場合は、giveコマンドに、データタグを追加します。
データタグは、「ench」を使用します。

/give <プレイヤー> <アイテム> [個数] [データ] [データタグ]

データタグ「ench」は、以下のように設定します。

{ench:[{id:<エンチャントID>s,lvl:<エンチャントレベル>}]}

データタグ「ench」では、エンチャントIDとエンチャントレベルを指定します。

ダメージ増加のエンチャントを付与する場合、以下のようにコマンドを入力します。

<ダメージ増加レベル1を付与するコマンド>

/give @p minecraft:diamond_sword 1 0 {ench:[{id:16s,lvl:1}]}

ダメージ増加は、エンチャントID16なので、id:16sと入力します。
レベル1にするため、lvl:1と入力します。

※エンチャントIDについては、当ページの下の方にある「エンチャントID」を参照してください。

<データタグを指定する場合の注意事項>
データタグを指定する場合は、[個数]と[データ]の入力も必須になります。

giveコマンドでエンチャント効果を複数付与

giveコマンドでエンチャント効果を複数付与させることができます。
その場合は、データタグ「ench」内で、エンチャントIDとエンチャントレベルをカンマ「,」で区切り複数指定します。

<エンチャント効果を複数付与するコマンド>

{ench:[{id:<エンチャントID>s,lvl:<エンチャントレベル>},{id:<エンチャントID>s,lvl:<エンチャントレベル>}]}

※2つだけでなく、3つ4つ…と複数指定可能です。

<ダメージ増加レベル1とドロップ増加レベル2を付与するコマンド>

/give @p minecraft:diamond_sword 1 0 {ench:[{id:16s,lvl:1},{id:21s,lvl:2}]}

ダメージ増加レベル1は、{id:16s,lvl:1}と入力します。
エンチャントを複数指定するため、「,」を入力します。
ドロップ増加レベル2は、{id:21s,lvl:2}と入力します。

コマンドでエンチャント効果を付与するメリット

コマンドで、エンチャント効果を付与するメリットを紹介します。

通常プレイでは、付与できないエンチャントを武器や防具に付与できる。
■例:ブーツ
ブーツは、氷渡りと水中歩行のエンチャントを両方付与させることができません。
コマンドを使用することで、両方付与させることができます。

<氷渡りと水中歩行>

/give @p minecraft:diamond_boots 1 0 {ench:[{id:8s,lvl:1},{id:9s,lvl:1}]}

コマンドを使用することで、高レベルのエンチャントを設定することができます。
■例:剣
剣には、ダメージ増加のエンチャントを付与させることができます。ダメージ増加の最大レベルは、5です。コマンドでは、32767レベルまで設定できます。

<ダメージ増加レベル100>

/give @p minecraft:iron_sword 1 0 {ench:[{id:16s,lvl:100}]}

エンチャントID

エンチャントIDを表にまとめました。
付与したいエンチャントのIDを入力してください。

表1.エンチャントID

エンチャント名 エンチャントID
ダメージ軽減 0
火炎耐性 1
落下耐性 2
爆発耐性 3
飛び道具耐性 4
水中呼吸 5
水中採掘 6
棘の鎧 7
水中歩行 8
氷渡り 9
束縛の呪い 10
ダメージ増加 16
アンデット特効 17
虫特効 18
ノックバック 19
火属性 20
ドロップ増加 21
範囲ダメージ増加 22
効率強化 32
シルクタッチ 33
耐久力 34
幸運 35
射撃ダメージ増加 48
パンチ 49
フレイム 50
無限 51
宝釣り 61
入れ食い 62
修繕 70
消滅の呪い 71

アイテムID

アイテムは、以下のIDを入力してください。

表2.アイテムID

アイテム名 ID
金の剣 minecraft:golden_sword
木の剣 minecraft:wooden_sword
石の剣 minecraft:stone_sword
鉄の剣 minecraft:iron_sword
ダイヤモンドの剣 minecraft:diamond_sword
金の斧 minecraft:golden_axe
木の斧 minecraft:wooden_axe
石の斧 minecraft:stone_axe
鉄の斧 minecraft:iron_axe
ダイヤモンドの斧 minecraft:diamond_axe
金のツルハシ minecraft:golden_pickaxe
木のツルハシ minecraft:wooden_pickaxe
石のツルハシ minecraft:stone_pickaxe
鉄のツルハシ minecraft:iron_pickaxe
ダイヤモンドのツルハシ minecraft:diamond_pickaxe
金のシャベル minecraft:golden_shovel
木のシャベル minecraft:wooden_shovel
石のシャベル minecraft:stone_shovel
鉄のシャベル minecraft:iron_shovel
ダイヤモンドのシャベル minecraft:diamond_shovel
金のクワ minecraft:golden_hoe
木のクワ minecraft:wooden_hoe
石のクワ minecraft:stone_hoe
鉄のクワ minecraft:iron_hoe
ダイヤモンドのクワ minecraft:diamond_hoe
minecraft:bow
金のヘルメット minecraft:golden_helmet
革の帽子 minecraft:leather_helmet
チェーンヘルメット minecraft:chainmail_helmet
鉄のヘルメット minecraft:iron_helmet
ダイヤのヘルメット minecraft:diamond_helmet
金のチェストプレート minecraft:golden_chestplate
革の上着 minecraft:leather_chestplate
チェーンチェストプレート minecraft:chainmail_chestplate
鉄のチェストプレート minecraft:iron_chestplate
ダイヤのチェストプレート minecraft:diamond_chestplate
金のレギンス minecraft:golden_leggings
革のズボン minecraft:leather_leggings
チェーンレギンス minecraft:chainmail_leggings
鉄のレギンス minecraft:iron_leggings
ダイヤのレギンス minecraft:diamond_leggings
金のブーツ minecraft:golden_boots
革のブーツ minecraft:leather_boots
チェーンブーツ minecraft:chainmail_boots
鉄のブーツ minecraft:iron_boots
ダイヤのブーツ minecraft:diamond_boots
minecraft:shield
釣り竿 minecraft:fishing_rod
ハサミ minecraft:shears

エンチャントコマンド生成ツール

ツールの紹介

今回説明したコマンドを組み立てたり入力するのが大変です。コマンドを生成させるツールを作りましたので、ぜひ利用してみて下さい。

<エンチャントコマンド生成ツール>

また、エンチャントについては、下記の記事を参照してください。

<エンチャントのやり方>

<エンチャントの本の作り方と使い方>