レッドストーン回路のつなぎ方!繋ぎ方をマスターし複雑な回路を作ろう

レッドストーン回路には、様々な繋ぎ方が存在します。
繋ぎ方により動力が伝わったり、遮断されてしまいます。

今回は、レッドストーン回路のつなぎ方のいくつかの簡単なパターンについて紹介します。

レッドストーン回路

レッドストーン回路とは

レッドストーン回路とは、入力装置から発信する動力を伝える役割があります。
動力を回路上にある出力装置に伝え、様々な効果を発揮することができます。

レッドストーン回路のつなぎ方

平面上につなげる

レッドストーンを平面上につなげるときは、隣接するように設置しましょう。
隣接している場合は、動力が伝わります。
隣接していれば、回路を曲げることも可能です。

レッドストーンが隣接するように、敷きましょう!
隣接していない場合は、動力が遮断されます。

立体状につなげる

レッドストーンは立体状に設置することができ、動力を伝えることができます。
例えば、階段上に積んだブロックの上にレッドストーンを敷くと、動力がブロックに沿って登ったり下ったりします。ただし、立体状につなげる場合は、1マスの高さのみ動力を伝えます。

高さが2マス以上だと、動力が伝わりません。

ハーフブロック上につなげる

ハーフブロックの場合は、半分の内の上段側にブロックがある場合に、レッドストーンを敷くことができます。
そして、信号は下から上にのみ伝わります。

上から下には信号が伝わりません。

ハーフブロック下段には、レッドストーンを敷くことができません!

ハーフブロックを使用することで、ブロックを節約することができます!!

ガラスブロックの上には回路を敷けない

ガラスブロックの上には、レッドストーンを設置することができません。

回路を作る場合は、ガラスブロックを使用しないようにしましょう!

下から動力を伝える

入力装置は、下から出力装置に動力を伝えることができます。

真下にあるレッドストーンからは、動力を伝えることができません。

ブロックを透過させる

一部のブロックは、動力を透過させることができます。
透過させるには、透過性のあるブロックにレバーなどの入力装置を隣接させる必要があります。

ガラスやグロウストーンに隣接して入力装置を設置することができません!
また、透過はブロック1マス分のみです。

まとめ

レッドストーン回路のつなぎ方についてのまとめです。

・隣接したレッドストーンに動力を伝えることができる。
・立体状に設置する場合は、高さ1マスまで動力を伝える。
・ハーフブロック上段は、下からの場合のみ動力を伝える。
・入力装置をブロックに隣接させることで、動力を透過させることができる。