レールの種類と特徴を紹介!レールとトロッコを組み合わせて搬送しよう

マインクラフトの世界には4種類のレールがあり、それぞれ用途があります。
レールは基本的に、トロッコを走らせるためにあります。
レールの種類によっては、トロッコを走られる以外に入力信号を与えるなどの効果を発揮します。。
今回は、レールの種類とその動作について紹介します。

レール

レールとは

レールは、トロッコを走らせるために存在します。
レールを敷いたところをトロッコが走り、プレイヤーや他のMob、チェストなどを搬送することができます。
また、レールは以下の4種類存在します。

レールの種類・レール
・パワードレール
・ディレクターレール
・アクティベーターレール

レールの種類

レール


通常のレールであり、ただトロッコを走らせるためにあります。
他のレールと比べて、クラフトするのが簡単です。

レールのレシピ
・鉄インゴット×6
・棒

通常のレールは他のレールと違い、曲げることができます。

パワードレール


パワードレールは、動力がONとOFFで動作が異なります。
ONのときはトロッコを加速させ、OFFのときはトロッコを停止させます。

動力 トロッコの動作
ON 加速
OFF 停止

また、動力が強いほどトロッコの速度が上がります!!

パワードレールは、動力を与えると赤く光ります。
赤く光っているときは、加速します。

パワードレールのレシピ
・金インゴット×6
・棒
・レッドストーン

パワードレールは貴重であるため、速度が落ちない程度に一定間隔の距離に設置しましょう。
パワードレールの間に通常のレールを設置することで、少ないコストで距離を稼ぐことが出来ます。

ディレクターレール


ディレクターレール上にトロッコが乗ると、動力を発生させる入力装置のような役割をします。感圧板のようなイメージです。
ディレクターレールを使ってドアを開けたり、罠を作ることが可能になります。

ディレクターレール
・鉄インゴット×6
・感圧版
・レッドストーン

トロッコが乗っているときは、入力信号が生成されます。

トロッコが乗っていないときは、入力信号が生成されません。

アクティベーターレール


動力が働いているアクティベーターレールは、各トロッコに対応した動作をさせます。

表.アクティベーターレールがONのときの動作

トロッコの種類 動作
トロッコ 乗っているものを降ろす。
コマンドブロック付きトロッコ コマンドの効果が発揮する。
TNT付きトロッコ 爆発させる。
ホッパー付きトロッコ アイテムの収集を行わない。
また、動力が働いていないアクティベーターレールの上にホッパー付きトロッコが通過すると、アイテムの収集を行います。
表.アクティベーターレールがOFFのときの動作

トロッコの種類 動作
トロッコ 動作なし。
コマンドブロック付きトロッコ 動作なし。
TNT付きトロッコ 動作なし。
ホッパー付きトロッコ アイテムの収集を行う。

アクティベーターレール
・鉄インゴット×6
・棒×2
・レッドストーントーチ

アクティベーターレールに動力を与えると、赤く点灯します。